健康食品業界の技術者のためのサイト

サプリメントの商品開発〜製剤から賞味期限まで

サプリメント原料の分類方法まとめ

サプリメント原料の分類方法まとめ

健康食品を設計する際、様々な原料を使いますね。
原材料をいろんな視点で分類してみましょう。

食品と食品添加物

原材料表示を決定する時は、食品と食品添加物 といった目線で見ることが必要です。
食品業界に勤める上で、原材料表示を見て、「食品」と「食品添加物」の区別化がつかないのは致命的です。

用途で分類

配合している素材の目的で、分類することは技術者として非常に大切です。

カロリミットの原材料表示を例としてみてみましょう。

▶︎原材料
緑茶エキス・桑の葉エキス:機能性素材

セルロース:結合剤

環状オリゴ糖:マスキング素材

シェラック:コーティング剤

ステアリン酸カルシウム:滑沢剤

というように、どういった用途で配合するを見ることが大切です。
これは、技術者的な目線になります。

原料の由来で分類

使用されている、原料が何からできているかという目線です。
キトサンならば、カニ由来といった見方や海産物由来といった見方になります。

例えば、植物由来の原料を使用しています! と書けば消費者のイメージが良くなりやすいです。

主な分類方法はこんな感じ。
植物由来、動物由来、鉱物由来、化学合成由来  等

産地の由来で分類

原料の産地で分類することも、健康食品では多いです。

国産原料使用!
宇治抹茶使用!

など、産地を商品のアピールポイントにすることも多いです。
産地で分類する時は、「加工地」と「産地」を意識すべきです。
カロリミットでは、「キトサン(かに由来) 由来:かに(韓国、日本) / 加工地:日本」という書き方をしています。

-新入社員・初学者向け記事
-