健康食品業界の技術者のためのサイト

サプリメントの商品開発〜製剤から賞味期限まで

健康食品の分類と特徴:機能性食品を中心に

健康食品の分類と特徴:機能性食品を中心に

いわゆる健康食品(栄養補助食品)

下記3つに分類されない、全ての健康食品です。
市販されている健康食品の多くはこれです。

○○に効きます! と宣伝すると、薬事法に引っかかるので イメージの良い言葉を選んでマーケティングする必要があります。
食物繊維配合製品だと、「どっさり」「すっきり」とか擬音語を使って消費者に連想させます

特定保健用食品(トクホ)

トクホ
トクホは、科学的試験(臨床試験など)に基づいて有用性が 厚生労働省に許可された製品です。
臨床試験とかしないといけないので、コストがかかるということで、機能性食品に取って変わられていくでしょう。

個別に審査を受けている「特定保健用食品(個別許可型)」と、許可数の多い保険機能について、基準を満たした「特定保健用食品(規格基準型)」があります。
安全性・有効性において 高い基準が求められているため、嗜好性の高いものは少なく シンプルな設計思想なものが多いです。
食物繊維繊維配合製品だと、「整腸作用があります」と宣伝できます。

栄養機能食品

栄養補助食品は、不足しがちな影響補給を目的とした製品です。
規格基準さえ満たしておれば、栄養補助食品として販売できます。

認められている栄養素は、ビタミンA,B1,B2,B6,B12,C,D,E,ナイアシン,パントテン酸,葉酸,ビオチンとミネラル類(Fe,Ca,Mg,Cu,Zn)です。
配合できる栄養素は、規格内でいけないため たくさん入れることができません。
そのため、ビタミン補給を目的としたサプリメントでも栄養補助食品にしない事もよくあります。

ビタミンCは、皮膚や粘膜の健康維持を助けるとともに、抗酸化作用を持つ栄養素です と宣伝できます。

機能性表示食品

機能性表示食品とは科学的根拠に基づいた機能性が、事業者の責任において表示される食品です。
2015年4月から始まった新しい制度です。
消費者庁長官へ届け出を行うことで、機能性を行う事ができます。

トクホとの違いは、製品で臨床試験をしていなくても、有効成分さえ製品に配合すれば良いだけなのがメリットです。

例えば、食物繊維7gを有効成分とした製品を仮定しましょう。

▶︎トクホ製品の開発の場合
①食物繊維の有効性・安全性を評価(研究レビュー、臨床試験)
②製品形態での有効性・安定性を評価(臨床試験)
③厚生労働省の審査・許可

と非常に期間が長くかかります(2〜3年くらいと言われています)

▶︎機能性食品
①食物繊維の有効性・安全性を評価(研究レビューでも可能!)
②消費者庁の審査・許可

となっています。
製品形態での確認が不要、機能性成分の臨床試験も不要になっているので開発期間が短いです(3〜6ヶ月程度と言われています。)

機能性食品は始まったばかりの制度なので、私もわからない部分が多いものの、有効性のある健康食品が増える事は消費者にとってメリットだと感じています。

-新入社員・初学者向け記事
-, ,