健康食品業界の技術者のためのサイト

サプリメントの商品開発〜製剤から賞味期限まで

食品に含まれるエネルギーの算出方法

最も一般的な熱量の算出方法は、たんぱく質、脂質、炭水化物をエネルギーの換算式を利用したものが一般的です。
しかし、アルコールを配合した商品や食物繊維を多く配合した商品などは、これらの成分を定量し補正式を用いることでより正確な熱量を算出することができます。
食品で使用されることの多い、エネルギーの補正式は以下の式を使用します。
▶︎栄養成分の補正式
栄養成分の補正式

計算式の一例を挙げると以下のようになります。
成分補正なし①:エネルギー=たんぱく質×4+脂質×9+炭水化物×4

食物繊維補正②:エネルギー=たんぱく質×4+脂質×9+(炭水化物-食物繊維)×4+食物繊維×2

個別の栄養素はどうやって求めるの?

各々の栄養素を求めるには、食品メーカー自身で分析 or 分析機関に依頼する or 5訂などの公的なデータベースを使用するのが一般的です。

栄養成分の分析は非常に複雑なため、專門の分析機関に依頼することが多いです。

-栄養素
-,