高甘味度甘味料の特徴まとめ

高甘味度甘味料は、健康食品には無くてはならない素材です。
シニア層のメタボ対策・生活習慣病対策や、女性のダイエット系商材として、シュガーレス・低カロリーの健康食品の需要が増えています。
高甘味度甘味料は、砂糖の数百倍〜数万倍の甘さを持つことから少量を添加するだけで砂糖の代わりになってくれます。

甘味料それぞれに特徴があり、甘味曲線という形で甘味料の効果のイメージ図が原料メーカーが公開していることが多いです。
商品を使うときは、甘味曲線を見ながら検討することでより効率の良い検討ができます(同じ甘味料でも型番が違えば、効果感が違うことが多いです)。
apply_il01
(画像引用元:三菱食品:エリスリトールと高甘味度甘味料の併用による応用技術

アスパルテーム

アスパルテームは、ショ糖の200倍の甘さを持つのを特徴とする甘味料です。
苦みが少なく砂糖に似た甘味をもち、後味がすっきりしているのが特徴です。
飲料・菓子に使用されることが多いです。

アスパルテームは、味の素が主なサプライヤーです。
アセスルファムKと組み合わせをすることで砂糖に違い風味になることから、飲料では同時に採用されることが多いです。
アスパルテームの特徴は、下記に詳しい
▶︎ 「PAL SWEET DIET ®」 (アスパルテーム)の製品説明

アドバンテーム

アドバンテームは、2014年6月に厚生労働省の食品添加物認可を取得した比較的新しい甘味料です。
砂糖の3万倍の甘味度が特徴であり、甘味が伸びるためポリフェノール・ビタミン・ミネラルなどの苦みをマスキングするのに適しています。
アドバンテーム単体では使用されることは少ないものの、アドバンテームとアスパルテームを組み合わせた使いやすい製剤が販売されています。

アセスルファムK

アセスルファムKは、甘味料の中では甘さの発言が早いことが特徴で、スクロース(ショ糖)の200倍の甘味があります。
一方で使用制限の関係上、粉末商品では配合量を増やせないことから、飲料で使用されることが多いです。

単体では使用されることは少なく、スクラロースと同時併用することが多いです。
コカコーラ0、糖質0の発泡酒などに配合された商品を見かけることが多いです。

スクラロース

スクラロースの甘味度は砂糖の600倍であり、砂糖に極めて近いまろやかな甘味をもちます。
耐熱性・長期保存に優れることから、健康食品〜菓子パンまで幅広く使用される甘味度甘味料です。
スクラロースは、機能性素材の風味向上やマスキングに使用できることから健康食品においても使用頻度が非常に高いです。

スクラロースの主なサプライヤーは、三栄源エフ・エフ・アイ株式会社です。
スクラロースについては、下記のサイトにまとまっています。
▶︎クローズアップ製品 > スクラロース

ステビア

ステビアは、天然由来の甘味料です。
世界的にナチュラル志向の高まりから、合成甘味料を忌避される傾向があることからステビアの需要が伸びています。
天然甘味料には、ステビア以外にも羅漢果などもありますが、ステビアの方が甘味の幅が広いことから使用しやすいのが特徴です。

ステビアの弱点としては、独特の清涼感と後味が気になる点が挙げられます。
ステビアの特徴については、下記にまとめました。
▶︎天然系甘味料の特徴まとめ

ネオテーム

砂糖の7000〜13000倍の甘味度が特徴です。
ネオテームにはビタミン、ミネラル、カテキン、大豆タンパク、ペプチド、コラーゲン等にある好まれない後味を軽減するマスキング効果を目的に健康食品では使用することが多いです。

ネオテームは、DSP五協フード&ケミカルから発売されているミラスィーブランドが有名です。
ミラスィーの製品情報が下記で閲覧できます。
▶︎ミラスィー:DSP五協フード&ケミカル

天然系甘味料の特徴まとめ

天然甘味料の特徴まとめ

健康食品で利用が多いのが、ステビアや羅漢果などの天然甘味料です。
人工甘味料=体に悪いというイメージので、植物由来の天然甘味料を利用することも多いでしょう。
消費者のイメージが良いという以外にも、以下の利用目的もあります。

・砂糖などの糖類を添加する配合の余裕がない(高たんぱく含有の商品等)
・ゼロカロリー
・品質の劣化を防ぐため(糖類はアミノ酸とメイラード反応する)
・ダイエット系の商材(カロリーが低いのが好まれる)
等があります。

天然甘味料は、人工甘味料と比較すると味のキレが悪く扱うのにコツが入ります。
天然甘味料として利用される、ステビア・羅漢果の特徴を見てみましょう。

使いやすさNo.1 ステビア

ステビア
天然甘味料で最も使用されることが多いのが、ステビアです。
最近では、甘み素材にステビアを使ったコカコーラも販売されています。
wk_150127coca01
ステビアが良い点は、熱に安定・褐変(長期保存において食品が変色する現象)しにくい等はもちろんですが、様々な甘味曲線を持つ商品が販売されていることです。
前に甘みがあるステビアを使えば、砂糖の代替に使えますし、後ろに甘みがあるステビアを使えば、マスキングに使用できます。

様々な甘味曲線を持つステビアを販売している守田化学工業のHPから、ステビアの商品の甘味曲線を引用します。
甘みの発現時間が遅いものから、早いものまであります。
甘みの発現時間と、苦味が発生する場所を被せることで苦味のマスキングすることができます。
様々な甘味曲線の商品があるので、色んな苦味をマスキングすることができます。
健康食品では、苦味の強いポリフェノールを配合することも多いのでステビアは非常によく使用します。
スクリーンショット 2016-09-04 11.43.53
(画像引用元:守田化学工業:レバウディオA9シリーズ
ステビアに色んな甘味曲線がある理由は、抽出する場所により甘さが違うからです。
ステビア_抽出方法

マスキングに便利な ラカンカ

羅漢果
天然甘味料の羅漢果は、果実から抽出されます。
スーパーマーケットでも羅漢果を配合した、天然甘味料も販売されています。
617J-Zetb3L._SX385_
羅漢果は、ステビアと比較すると使用されることは少ないです。
理由は、甘さの強度が弱いのでステビアと比較するとたくさん使用しないといけないです。
また、価格も高いのでメインの甘味料にはなりません。
一方で、ステビアと併用することで砂糖に近い風味も出すことができます。
ステビアには独特の清涼感があるのですが、羅漢果を配合することで消すという使い方もできます。